チーム紹介

Web記事タイトルバー5
クラブ名

 諏訪湖ジュニアアイスホッケークラブやまびこバスターズ
 (Jr.Ice Hockey Club Yamabiko Busters)

設 立

 1999年3月14日 (平成11年3月14日)

本拠地

 株式会社やまびこスケートの森
 岡谷市大字内山4769番地14

登 録

 ・財団法人日本アイスホッケー連盟
 ・長野県アイスホッケー連盟
 ・岡谷市アイスホッケー協会

クラブ目標

 クラブは「やまびこスケートの森を発信基地として、将来の夢オリンピック選手をこの地から! スポーツマンシップを踏まえ、子供達の健全な人間形成を」 を合言葉に、アイスホッケーを愛する者が集い、子供達の健全育成とアイスホッケーの普及及び競技力向上を目標とする。

クラブ運営

 クラブは役員会(監督・コーチ・保護者)が運営しています。

クラブ員

 主に長野県中南信(安曇野、松本、塩尻、岡谷、諏訪、等)の小学生~高校生が男女問わず活動しています。

クラブチーム

 ・低学年チーム(幼児~小学3年生)
 ・高学年チーム(小学4年生~小学6年生)
 ・中学生チーム(中学1年生~中学3年生)
 ・高校生チーム(高校1年生~高校3年生)

チームロゴ

やまびこバスターズ透過ロゴ

チーム横断幕

横断幕

主な練習場所

 やまびこスケートの森 アイスアリーナ
 やまびこスケートの森 国際スケートセンター

主な活動場所

 長野県、山梨県、群馬県、東京都、神奈川県、埼玉県、北海道、etc

活動内容

 氷上練習(アイスアリーナ)、練習試合、公式戦出場、 陸上トレーニング(夏期)、一般滑走練習(国際スケートセンター)、 バーベキュー大会等のイベントも多数あります。

バスターズの歴史

岡谷バスターズ時代

 1985年頃岡谷市中心街のユニー系のスーパーに隣接して、アピス岡谷というアイスアリーナが建設され、現岡谷市アイスホッケー協会長宮坂氏、同理事長橋本氏を中心に小中学生のためのアイスホッケークラブ「岡谷バスターズ」が設立されました。 当時長野県内のジュニアクラブは軽井沢にしかない時代であり、第1回ジュニア親善長野大会中学生の部で優勝をした名門チームでもありました。 しかし、1990年頃、アピス岡谷が閉鎖され、「岡谷バスターズ」も解散せざるを得なくなったようです。

やまびこスケートの森アイスアリーナ登場

 1992年第3セクターとして㈱やまびこスケートの森が設立され、1994年にアイスアリーナが完成すると、この地方に再びアイスホッケーの芽が息吹きました。 「岡谷バスターズ」と近隣の茅野市を中心とした「茅野ジュニアクラブ」です。 しかし両クラブとも選手の新規獲得がなかなか侭ならず、苦しい運営をしていました。そのような事情から、練習や試合も合同チームとして参加するようになっていきました。

遂にやまびこバスターズの誕生

 そのような中両チームの有志が集まり、両クラブを統一、強化を図り新しいチームとして再出発しようという機運が高まりました。 1998年春頃から準備を進め、1999年3月14日両チームの全員が参加するかたちで、「やまびこバスターズ」が発会しました。発会時の名簿によると、当時中学生10名、小学校高学年29名、小学校低学年以下6名の計45名から出発しています。

ホームリンクアクセス

〒394-0055 長野県岡谷市字内山4769-14 株式会社やまびこスケートの森